写真展を訪れて

  • 2017.06.23 Friday
  • 17:43

こんにちは!

福岡の「人材育成・組織活性」を応援する株式会社ライズです。

 

今週は弊社の代表が東京出張に行ってきましたので、

カメラマン宅間國博(タクマクニヒロ)さんの写真展(南青山)にお邪魔させて頂きました!
 

その想い出を代表に書いてもらいました〜♪

 

 

-------

タクマさんに会うのは1年ぶり。

10年以上前に書店でたまたまタクマさんの写真集「カインド・オブ・ブルー」を手に取って、当時悶々としていた自分の中に光をさしてもらった。その場で買って一気に読み上げ、心に込み上げてくるものがあったことを今も忘れられない。

 

自分自身こんな思いになったことは後にも先にもなかなかないので、それほどインパクトのある写真集であり、タクマさんという人物のおかげだったと勝手に思い続けている。この写真集にはタクマさんが撮ったブルーを基調にした写真とともに、タクマさんの人生そのものが書いてある。こんな写真集を出すカメラマンでもいろいろ苦労して人生を送っているんだ、と他人事ながら自分に置き換えて読んでいた。

その中でも1番グサッときたのは、「自分に起こるすべては自分にとってベストタイミングで起こっていた」という言葉。 シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)のことだと思い、自分が今この写真集を手にしている事自体がベストタイミングなんだと、また勝手に解釈していた。

 

さらに加えるとキャリア領域の中に「プランドハプンスタンス(計画された偶発性」論があり、「キャリアは偶然の出来事、予期せぬ出来事に対し、最善を尽くし対応することを積み重ねることで形成される」という事も学んでいたので「縁とタイミング」の大切さを感じるとともに「これがベストタイミング」とその時自分が思えるかどうかが大きなポイントと思った。

 

写真展のほうは、この3日間で1,400人が来場されたとのこと。

数も凄いが実際会場を歩いていて、知らない人同士が写真のことを語り合っている場面が何度もあり、タクマさんの人柄=人間力の存在を強く感じ、心地よい空間に浸れた時だった。

-------

 

私も写真を見せてもらいました!

とても素敵で元気がもらえた気がします。

 

以上、今週のブログでした!

 

「元気」・・・私たちはいつも笑顔で明るく元気に活動します

    ※このキーワードは、ライズの行動指針10か条の1番目です。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM